section ttl

img_1

ZEH〈ゼッチ〉はもう当たり前になります。
「快適な室内環境」と、「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題とされているいま、政府が2020年までに標準的な新築住宅での実現をめざしている「ZEH」。一次エネルギー消費量収支ゼロの住まいが、いまや当たり前になりつつあります。より心地よく、より快適な毎日を楽しめる、ZEHをお届けしています。

section ttl

地球環境に優しい暮らしの実現に向けて、「住宅の省エネルギー化」が最重要課題のひとつになっています。2020年に求められている省エネルギー基準よりも、さらに厳しいものが「ZEH基準」です。ZEHとは、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器による「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まい。
普及促進を目的としたZEH支援事業による補助金も用意されています※。

※補助金事業は予算額・期間が定められています。

3つのポイントがZEH達成に必要!

3 point

本事業は、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、ZEHの普及を加速させることを目標として、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。
※地域区分・建物規模によらず全国一律。

img_3

section ttl

img_4

ZEH仕様の住まいにするためには、断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たす必要があり、さまざまな仕様・アイテムを変更するのではコストがかさんでしまいます。竹村工務店の住まいは、高断熱の構造体をベースに、「断熱用硬質ウレタンフォーム」や「高断熱の樹脂窓」を標準で採用。標準仕様で、ZEHに必要な断熱基準に対応しています。

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題とされているいま、政府が2020年までに標準的な新築住宅での実現をめざしている「ZEH」。一次エネルギー消費量収支ゼロの住まいが、いまや当たり前になりつつあります。竹村工務店はより安全で、より快適な空間を演出するZEH空間を追求しています。

竹村工務店の目標数値と実績数値を見る 詳しくはお問い合わせください